聞きたい!

1. 幼稚園の先生になりたいと思ったきっかけ

幼い頃からの夢でした。年中、年長の2年間、担任をして頂いたK先生がとても魅力的な方で、憧れでした。大人しいタイプであった私にも毎日声をかけてくれたことを今でも鮮明に覚えています。また、運動会の練習でのキリッとした厳しい表情もとてもかっこよかったです。メリハリのあるご指導を受け、「いつかこの先生みたいになりたい!」と、ずっと思っていました。今でも年に1度年賀状のやり取りをしています。

遠藤ゆり香
by 遠藤ゆり香

ページTOPに戻る

2. 幼稚園教諭になってみての本音

日々感動!毎日成長を見せてくれる子ども達にはたくさんの感動をもらっています。時には子どもの成長に涙することも…(^_^)こんなに楽しく、感動でき、自分の人生を豊かにしてもらえる仕事は他にはないと思います!

その1:体力勝負!!

「元気があれば何でもできるー‼」
その通りです(笑)。心と体の自己管理がとても大切です。

その2:正直、楽しいことばかりではありません。

しかし、子どもの成長に携われるこんなに楽しくて、やりがいのある職業につけて、本当によかったと思っています☆

その3:女性ばかりの職場だけどギスギス?!なんてしていません。

これ!本当です(笑)。ぜひ見に来て下さい♪

上野聡美
by 上野聡美

ページTOPに戻る

3. 就活中にやっておけば良かっこと

私はピアノが苦手です(笑) 学生時代、自分の中では精一杯練習しているつもりでしたが、1人で弾くのと、人前で弾くのとでは、全くと言っていいほど出来栄えが違いました。大勢の人の前でも緊張せずに弾けるように、誰かに聞いてもらいながら練習をすると良かったと思います。

平田詩織
by 平田詩織

沢山の園を見に行くことと、自分の武器になるものを見つける事です! 働き始めてからでは、なかなか他園を見る機会はありません。学生時代に多くの現場を見ることで、「こんな先生になりたい!」という目標が見つかることもあります。もちろんその先生の保育スタイル・保育技術も吸収できるはずです! 自分の武器というのは、ピアノや製作だけではありません。リーダーシップや、明るさ、スマイル…。そんな自分の誇れるところを1つでも持っていれば、きっと輝く先生になれると思います!ちなみに私の武器は、“素直さ”です(笑)ファイト!☆

内村裕菜
by 内村裕菜

ページTOPに戻る