こだわってます!

その1:毎日の積み重ね

『あしのうらにがっしょう』

『あしのうらにがっしょう』とは、子ども達が毎日唱和している詩のことです。「はきものをそろえると 心もそろう」という言葉をもとに、子どもたちは、履物を揃えることを習慣にしています。

靴を揃えることは、次の作業に移る前に、その前の作業に対する「けじめ」をつけることです。これを毎日続けることで、生活の中での「けじめ」が少しずつ身についていきます。

ページTOPに戻る

『集合!』

「集合!1,2,3」という声が、園内ではにぎやかに飛び交っています。子どもたちは、声を掛けた職員の前に集合します。

大事にしているのは、先生の声掛けに対して、素早く行動できるか、話を聞く姿勢になれるか、というところです。この習慣のおかげで、3.11の東日本大震災の際も、子どもたちは素早く避難することができました。

ちなみに…当園では月に1回、抜き打ちの避難訓練を行っています。実は、職員自身もいつ行うか知らされていないんです。

ページTOPに戻る

その2:引き出す・育てる

真似る力

皆さんは、ハイハイをしている赤ちゃんが、なぜ立ち上がって歩きだすのかご存知でしょうか?誰かが教えたからでしょうか?

それは、周りの大人がみんな立っているから。たったそれだけのことなんです。実は、「学ぶ」という言葉の語源も、「真似る」から来ていると言われています。

当園では、年少児が、年中・年長児の活動を毎日のように観に行きます。「自分もやってみたい!」という気持ちをフル充電して、お部屋に帰ってくるわけです。その後はご想像の通りです(笑)

子どもたちは、真似っこの天才です!この真似る力(学ぶ力)を存分に引き出していきます!

ページTOPに戻る

学習に対する“自主性”

「よみ・かき・けいさん」に取り組んでいると、ただ単に「先行学習」と誤解されることがあります。確かに、これらの活動を毎日繰り返すことで、本が読めるようになったり、ひらがなが書けるようになったり、足し算ができるようになったりと、小学校で行うようなことが出来るようになります。しかし、これらはあくまでも、出来るようになったという、目に見える結果に過ぎません。

活動は基本的に「自学自習」で行います。最も育てたい力は、「学習は自分でやるもの・やれるもの」という意識・感覚です。

この力は、自らの人生を切り開く上で、基盤となる力ではないでしょうか…☆。

ページTOPに戻る

いっぱい挑戦! いっぱい失敗! 大きな自信!

当園には、子どもたちの向上心をくすぐるたくさんの「挑戦」があります。子どもたちは、楽しみながらこの挑戦に取り組み、「できた!」という経験を通して、一歩ずつ「自信」を付けていきます。

「挑戦」には、「失敗」や「負け」が付きもの。でもそれは、その子が一回り成長する“チャンス”でもあります。

私どもの役目は、子どもに「失敗」や「負け」を経験させないように回避してあげることでななく、そんな経験をしたときに、その子が「もう一回!」「自分ならきっとできる!」と思えるような心を育んであげることだと考えております。

「転ばない子ではなく、転んでも、自分の力で立ち上がり、もう一度走り出せる子」に…。それが私たちの想いです☆

ページTOPに戻る

仲間を応援する心

「自分の力を信じる心」と同時に育てたいと考えている心が「仲間を応援する心」です。○○ができるまでもう一息、そんな時は、友達の応援の力が強力な後押しとなります。「応援されて嬉しい気持ち」「自分の応援が友達の力になれた喜び」をたくさん経験してほしいと考えております。

当園には、そんな、友達の挑戦を応援する場面がたくさんあります!一生懸命頑張る友達を応援できる、そんな思いやりのある子に育ってほしいですね…☆

ページTOPに戻る

その3:コミュニケーション

顔を合わせたコミュニケーション

幼稚園は、お子様が初めて、保護者の皆さまから離れて数時間を過ごす場。ご家庭から送り出す不安もあると思います。当園では、そんな不安を少しでも解消出来るように、毎日の”顔を合わせたコミュニケーション”を大切にしています。

毎日の送り迎えの際に、その日にあった出来事やお子様の様子を直接お伝えしています。心配なことや分からないことがあれば、いつでもお話をお聴きかせください。

通園バスを使用していないのも、この”顔を合わせたコミュニケーション”を大切にしているからです。子どもたちの成長を一緒に見守っていきましょう!

ページTOPに戻る